読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょいお役立ち情報

MH4G モンスターハンター4G アキラ プレイ日記
お盆ですなぁ。
お盆は忙しい系ハンターのアキラです。
親族来たり、お仕事したり、友達に遊びに誘われたり、甲子園に尽誠学園を応援しに行ったりと、何かと何かしています。もちろん、その中にモンスターハンターとこのブログも組み込むわけですが。

日記書くのに1時間はせめて欲しい。ちょくちょくモンスターハンターやりながら書いたりするのでレスポンス遅い時はメモってるか日記書いてると思っておいてください。


さてさて、今回はおバカな日記を少し離れまして、まぁ知ってる人には何も利益の無い記事になってしまいますが書いていこうと思います。(今までのおバカ日記が何かご利益あったかのような口ぶりだな…。)




なお、自分の力で素材やポイントを見つけたい!  という方は読まないほうがいいかも知れません。





さてさて、だいたい皆さんは剣士をやっておられると思います。そして、剣士をやるに差し当たり必ず必要になる道具が砥石ですよね。しかし砥石は採掘をしても頻繁に使う為、なかなか数が追っ付かない上に、そこまでたくさん出る物でもない。かと言って買うとなると1つ80ゼニーとそれなりにするし、消費量も多く、金策に追われる序盤ではあまり買いたくないと思います。そんなあなたに吉報!


砥石の採れる場所を教えちゃいます!



それは遺跡平原の3番。

f:id:schilf:20160811013111j:imagef:id:schilf:20160811013119j:image

お判り頂けますかね?
水辺の近くに、よく見ると石ころのようなオブジェが転がっています。景色の一部として溶け込んでいて、あまり気付かないかも知れませんが、ここで貴重な砥石が採取できます。毎回必ずあると思うので、こまめに採取しましょう。



さて、次はモンスターを見失わないために必要なペイントボールです。これも支給されてますが個数は2個と少なめ。できれば、少しでも多く持っておきたい道具ですね。これを作成するにはネンチャク草とペイントの実が必要です。ぶっちゃけ、まずネンチャク草の調達場所を書けよと思うのですが、それはガン無視で行きます。(ネンチャク草をどこで採っていたか忘れた。)()内を読めば分かるように、筆者役立たずですな。


さて、ペイントの実ですが

f:id:schilf:20160811013702j:image


またまた遺跡平原の3番です。
エリア移動する直前の道に木の実が転がっています。これも毎回必ずあると思うandよく通る道なので、こまめに採取しておくといいでしょう。なお、カラの実なんかも出るので、確実に入手できるとは限りませんが…。それでもペイントの実✖️3と纏まって出たりするのでいいと思います。

筆者はガンナーなので、ペイント弾をここで作成したりもしています。これだけでペイントの問題は解決するんですよね。ガンナーの強み。



そして最後。
村クエの☆2でサシミウオの納品があります。
これ、釣る場所が意外と見つけ辛い印象があったので紹介しておこうと思います。


f:id:schilf:20160811014156j:image


遺跡平原の6番に、アイルーの住処へと続く小さなトンネルがあります。ご覧のように入り口は小さく、見つけるのに苦労するかも知れません。そんな時はマップを拡大するといいでしょう。下画面にマップを置いている場合はタッチすると拡大図に切り替わります。上画面にマップを置いている場合は……。メニューを開いて…。


どうだったっけ?

なんか、マップの拡大だかなんだかする項目があったか、ボタン操作だったかで切り替わります。(めっちゃテキトーだなおい。)そうすると筆者の画面のように侵入経路が大きく表示されるので分かりやすいですよ。


で、アイルーの住処に入ったら


f:id:schilf:20160811014616j:image

向かって左側に、上から水が流れ落ちているところがありますので、そこまで行きましょう。その場所に釣りスポットがあります。ここでサシミウオと、サブターゲットの小金魚が釣れます。


いかがでしたでしょうか?
知ってる人には何のご利益も面白みもない記事だったとは思いますが、またボチボチ紹介して行ってもいいかなーと考えています。

なお、これは攻略記事や攻略本などを一切見ずに筆者が自分で発見したもののみとなっておりますので、これよりも効率的なやり方やポイントがあると思います。ただまぁ、これは筆者という一ハンターがゲームで遊んだその成果や軌跡を記事にしているだけですので、攻略記事ではありません。ま、何が言いたいのかと言うと、ギロギロと目を血走らせて齷齪と読まず、息抜き程度の娯楽として楽しんでいただければと思います。


では、良いハンティングライフを!