読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故、外す!

外すことに定評のあるアキラです。まぁ、何を外すのかと言えば主にアツい演出なんですけど、最近はどうもそれだけじゃあないようなんですねこれが。女の子のシャツのボタンとか期待しちゃった人はお寺で座禅を組んで煩悩滅却してきてください。そうしたらきっとレア素材もバンバン出るでしょうってそれは筆者か!!!


と、まぁこの前『それ外す!?』ってことがモンハン世界で2つほど…いや、3つか。あったので書いていきます。まず一つ目が、あれは黒いグラビモスを討伐しに行った時のことだった。なんだったか忘れたんだけど、黒グラビモスが眠った。多分、誰かが睡眠属性の武器で来ていたか、睡眠弾か睡眠ビンを打ち込んだかしたのであろう。筆者は爆弾を持っていたのでテキパキとグラビモスの頭に当たるように設置した。

確か、誰かが黒鎧竜の頭殻を欲しがっていたのだ。ちゃちゃっと設置を済ませて起爆!



したんだが…



あからさまに黒グラビモスに爆弾が当たって、燃えているグラフィックが無い。つまり筆者は眠っているグラビモスに大タル爆弾を外したのだ!


眠っているモンスターに攻撃を当てようとして外す方が難しい気がする……。




二つ目は、緊急クエストを出すために上位のジエン・モーランへと出撃した時のことだ。危なげない立ち回りで、すぐに決戦ステージへ。決戦ステージではジエン・モーランの腕に攻撃して、耐久値をゼロにすれば壊れた腕を伝って頭に登ることができる。そして筆者は最近どハマりしているガンランスで来ていた。ジエンが動きを止めたところを見切り、伝家の宝刀、竜撃砲の発射態勢を取る。

が、これまたガンランスの切っ先から竜撃砲の巨大な爆炎が解き放たれた瞬間に、目の前にあった腕が

スンッ…

って感じで消える!
だが、誰が言ったか竜撃砲の炎と走り始めてしまった青春の恋は止まることができない。結局、竜撃砲の炎は空を焼いただけに終わる。なんたるエネルギーの無駄遣いであろうか。


誰が言ったか
筆者の敬愛する逆鱗日和シリーズの著者にして世界一のガンランサー(笑)である大塚角満がこう表現しておられる。一位二位を争うレベルで大塚さんのこの表現が好きである。





そして最後は、ダラ・アマデュラだ。


元ネタは、という空想の生物ではないかと筆者は勝手に思っている。このという生物はそのネーミングも非常にユニークであるが、その存在も特筆してユニークだ。これはいわば宇宙蛇である。地球全てを、大地がバラバラにならないように縛り付けているというのだ。

ちなみに、余談ではあるがダラ・アマデュラと思しき化石が原生林の至るところに散在している。そんな超巨大生物のダラ・アマデュラに対しても筆者は外すという神業をやってのけた。


まず、ダラ・アマデュラの前脚の爪に竜撃砲を1発ドカーンと外した。
(その後、その爪でお掃除された。)


そして、気絶して横たわるダラの顔面にドカーンと1発竜撃砲を外した。

更に更に、ダラの頭に乗って竜撃砲を発射した瞬間に別のところで怯み判定が入って発射する前に振り落とされたが、なぜかキッチリ竜撃砲は発射されていたようでガンランスは放熱している。ドカーンまで行かないまま外した。発射してないのに外した。


解せぬ…!



でも、こんなに外しまくっているというのに、何故か天剣の龍玉はキッチリゲット。特に使う予定無いけどね!



と、こんな感じで最近は外しまくりです。


ヒョォォォォ…
ドカーーーーンッ!!!
ぱっぱらぱ〜♫

これをイメージしてるんだけどなぁ…(笑)